2017年

5月

29日

鮮烈のデビュー! オーストラリア ブラックペティ ビルマークルアー

5/26の沖縄 2017座間味カップが鮮烈なデビューとなりました。

オーストラリア ブラックペティ ビルマークルアー

のご案内をさせていただきます。

 

今回の優勝ルアーはマカイラシリーズ

このルアーの特徴は当店がパクラルアー以外に扱うコナカットのヘッドとなります。

このヘッドは光りを受けると蓄光して

この様に”ボー”とした感じで発光します。

インナーがガラスを割ったような凸凹状でこれがとてもいい感じです。

 

スカートも

 黒紫にシルバーとカツオ系です。

 

とても珍しいバイオレットヘッドのコンビネーションもベストです。

 

話はそれてしまいますが、私がこのルアービルダーを選択する前に、

候補としてはニュージーランドのボンズルアーも射程に入っていたのですが、

こちらのルアーは既に国内に入荷実績があるのと、

ニュージーランドの物価が高いのが影響してか、かなり高めの価格設定になりそうなので

パクラルアーと同価格帯で販売できるブラックペティ社を選択しました。

 

このルアービルダーのオーナーは40台前半とアグレッシブなタイプで

グランダーをターゲットとしたビッゲーム用のオリジナル商品を生産しています。

 

このマカイラシリーズは

リザードアイランドでグランダーをキャッチしている

実績のあるルアーです。

 

当店ではチャガーヘッドのパクラルアー

コナカット、バレットヘッドのブラックペティ

 

最強の布陣でお客様を

サポートさせていただきます

こちらはバレットヘッドのジャンボロングノーズバレットです

ロングノーズのヘッドにアバロンシェルがインサートされています。

 

もちろんヘッドは蓄光UVヘッド仕様です。

なお今回ご案内いたしましたルアーは6月下旬に入荷いたします。

詳細につきましては再度ご案内させていただきます。

2017年

5月

28日

座間味カップ優勝は155kgクロカワカジキでした!

今年の座間味カップ優勝は前日のブログでご報告した155kgクロカワカジキをランディングした宜野湾マリーナのマハロ艇でした、おめでとうございます!

ポジションはショートコーナー、タックルはオクママカイラトップウォーターカスタムロッド80ポンド、リールはオクママカイラトップウォーターカスタム80MK-Ⅱ、ファイトタイムは1時間20分

ラインが800m近く出たそうです。

優勝ルアーは

オーストラリア ブラックペティ ビルマークルアー マカイラです、今回このルアーを当店が今年より取り扱うこととなり4月上旬に10本ほどトライアルで入荷して5本は与那国島でのテスト用に、残りの5本は店頭で在庫していたものをトライアルで購入していただいたルアーです、このルアーを選択していただいて有終の美を飾れるとは当店も大変うれしく、またこのルアーの最高のデビューとなりました、本当におめでとうございます!

 

そしてこの大会で3位入賞されたのは、これまた当店のお客様で座間味村のレッドサン艇

クロカワカジキ117kgです、こちらはパクラシュレッダーペトロリオのルアーでした、おめでとうございます!

 

今回当店のお客様が優勝と3位の成績は当店としては”商売冥利に尽きる”で商売ではこれ以上の幸せはありません、本当にありがとうございました。

2017年

5月

27日

沖縄 座間味カップ 大会中の釣果情報!

先週延期となった座間味カップが本日スタート!

 

午前9時頃に当店お客様のレッドサン艇より

クロカワカジキ推定120kgオーバーをランディング

との釣果をいただきました。

ルアーは「パクラ シュレッダー ペトロリオ」です。

http://topwater.ocnk.net/product/1544

 

そして午前11時過ぎに当店のお客様の宜野湾マリーナの〇松様

クロカワカジキ推定130kgオーバーをランディングです

ルアーは今年から当店で発売を開始した

オーストラリア製 ブラックペティ社 

マカイラ UVヘッド」です!!(次回入荷は6月中旬予定です)

スカートは口の中ですか?(笑)

画像は次回ブログをご覧ください!

 

皆さんおめでとうございます、あと残り時間頑張ってください

今、沖縄慶良間沖では熱い闘いの最中です。

 

追伸、画像のクロカワカジキは検量の結果155kgでした!オーナーさん間違えてごめんなさい、そして・・・続く

2017年

5月

26日

ルアーのセットアップ ルアーパターン

本日は店舗にご来店いただいた時や

お電話でお問い合わせいただいた時に多くのお客様よりご質問のある

”トローリングでのセットアップ時のルアーの位置(距離)”

についてご案内します。

 

 

この”ルアーの位置”については多くのご意見があるとは思いますが、

当方では世界の著名なカジキファイターから信頼を受け

カジキの世界では最も有名なビルダーでありキャプテンの

ピーターパクラが推奨するセットアップルアーパターンのセオリーを基本としています

 

 

そして当店ではこの方法で多くの方がファーストマリーンをキャッチしています。

ビギナーの方は必見です!!

これは33フィートのフィッシャーマンでのトランサムから見た海面の画像です

中央の緑の部分は

プロップウオッシュと呼ばれる部分で

スクリューの攪拌流で真っ白くかき回された水流です。

もしこの中にルアーを曳いてもかき回されてまともに泳ぎません

 

次に黄色の部分はサイドウオッシュと呼ばれ艇の進行方向より横に流れる曳波です。

 

水色は後方への曳波です。

 

青色のブルーホール

プロップウオッシュとサイドウオッシュの間にできた通常の水色の部分を呼びます。

 

最期の桃色のエンドオブタービュランスはプロップウオッシュの白い泡が退いたポイントです。

 

カジキは習性としてこの攪拌流の泡に

興味を持って近づいてくるのです

 

特に大型のブルーマリーンやブラックマリーンは近いときは

トランサムの2mほど後ろまで近寄ってくるぐらいです。

 

これは先ほどの著明なカジキファイターや学術的にも証明されており

間違いない事実です

 

よく漁師の方が

”カジキは臆病な魚なので距離を放して引かないといけない”と言っておられるようですが、

これは”マグロやキハダ”のマグロ魚種や”小型のマカジキ”に当てはまる言葉です。

 

またこの長いポジションでカジキがヒットしたという方がおられますが、

これは単なる偶然なのです。

 

大海原で数少ないカジキをヒットさせるには

カジキを呼び寄せることが必要なのです

 

ですからカジキのヒットポイントは、

このエンドオブタービュランスとサイドウオッシュの5波までの曳き波の範囲内なのです。

 

そのためルアーを曳くポジションは

上の画像にあるポジションで曳いてください

例えばショットガンポジションはエンドオブタービュランスの5波にルアーを乗せ、

ショートコーナーは1波のすぐ後ろのにルアーを曳くという具合です。

 

このポジションをよく覚えてください。

 

もう一つ大事なことは

ボートのサイズやプロペラの大きさによって

ポジションの位置が変わります。

(あたりまえですが出力の高いエンジンには大きなプロペラが付き

当然攪拌流は大きくなりエンドオブタービュランスは長くなります)、

ご自分の艇に合わせてそれぞれのポジションをしっかりと覚えてください!

 

カジキ釣りは確率の釣りです。

このポジションで曳けば、確率は上がり確実に釣果はアップします。

 

2017年

5月

25日

トローリング用品が充実しています!いつでもご相談ください

いよいよ今年もBIGゲームのシーズン直前になってきました

 

オクマ マカイラ シリーズのビックゲームタックルや

今年の最新パクラルアーやティーザーなどトローリング用品が充実しています。

私が思うトローリングショップとは

本来であれば、ご来店いただきお客様のご要望に応じてアドバイスをさせていただき

実際に商品をご覧になり、ご購入いただくのが真の姿だと思います。

 

例えばビッグゲームの場合

ビギナーの方でもいきなり

150kg以上のカジキがヒットするかもしれません。

 

こんな時

・通販で購入されたリールにご自分でテンションを気にせずに

適当にラインを巻いたためにラインブレイクをしてしまった。

 

・カジキを近くにまで寄せたのにギャフやフィッシングバットを持っていなかった。

など、

 

こんなことにならないためにも

初めてビッグゲームに挑戦する方は、

ぜひご来店いただきご相談をください!

 

当店ではきっちりとアドバイスをさせていただき、

国際標準価格で販売をさせていただきます。